2005年01月20日

小山内美江子さん、金八先生の脚本を降板

「3年B組金八先生」シリーズの脚本家・小山内美江子さんが現在放送中第7シリーズ第10話を最後に病気療養のため、降板していたようですΣ('◇'*)エェッ!?

ということは鶴本直(上戸彩)の出ていた第11話新年スペシャルからは後任の清水有生さんが書いていたという事になる。この清水有生さんという脚本家は今まで知らなかったが、「家栽の人」(時任三郎ら)、「あぐり」(田中美里、野村萬斎ら)など、なかなか有名な作品も書いているらしい。詳しくは清水直生公式ページにて。

そうなると、ふと思うのが脚本が小山内さんのままだったら崇志(鮎川太陽)の自殺未遂やしゅう(八乙女光)があっさりとドラッグに手を出してしまうような事はしただろうかということ。今までの金八ではこれほど急転直下な事はほとんど無かったので多少、違和感を覚えたのも事実。今になって思うと、脚本家が替わって若干、作風に違いが出てきたと言う事だろうか。

あと小山内さん側の見解では10話で今シリーズのめどがついたとの事らしいが、少しまとめきれていなかった感が…^_^;

関連記事:デイリー日スポ

3年B組金八先生第7BOX
武田鉄矢
ビクターエンタテインメント 2005-03-25

[PR]携帯メールをパソコンに保存するなら・・・

[PR]プロの翻訳家も注目!究極の英文速読ツール

posted by IRFAN at 01:31| Comment(1) | TrackBack(3) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Trackbackどうもです。
清水有生が「家裁の人」の脚本を書いていたとは吃驚です。
> 脚本家が替わって若干、作風に違いが出てきたと言う事だろうか。
現在の金八先生は観ていないので寡聞にして知りませんが、視聴してる人がそう感じるのであれば、やっぱり作風が違うのが原因でしょうね。
ま、其れだけ小山内さんが長く活躍された証左でしょう。
Posted by sabakan at 2005年01月20日 18:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「金八先生」の脚本家が降板
Excerpt: TBSドラマ「3年B組金八先生」の脚本を手掛ける小山内美江子さん(75)が、がん療養のため7日放送の第11話で降板していたことが18日、明らかになった。TBSが番組ホームページで明らかにした。番組は3..
Weblog: 村和(むらかず)ブログ
Tracked: 2005-01-20 02:46

小山内美江子さん降板
Excerpt: TBS系で放送中のドラマ「3年B組金八先生」の原作・脚本を 手掛ける小山内美江子さん(75)が、がんの病気療養のため 7日放送分(第11話)から降板していたことが19日分かった。 (ヤフーニュースより..
Weblog: どらま・のーと
Tracked: 2005-01-20 08:43

小山内先生の降板…。
Excerpt: 小山内先生降板…。 一応Yahooの記事です。 どこも同じようなことが書かれていたので、これだけ紹介します。 物語の世界が好き…ということで、私はおそらく小山内先生のファンでもあることに..
Weblog: ☆OPEN THE GATE☆
Tracked: 2005-01-20 13:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。